« 商社マン | トップページ | 珈琲庁 »

2005年9月 7日 (水)

選挙

000

もうそろそろかと待っているのですが、香港の法人登記の連絡がきません。ならばいっそのこと、9月12日にしてくれればディズニーの開業日と同じになっていいんですけど。。。しかたがないので、帳簿の付け方を勉強したり、WEBをグレードアップさせたりしています。

日本は今度の日曜日(11日)が選挙ですね。そういえば私も長いこと選挙行ってません。海外にいてもきちんと領事館に届けを出していれば投票できるらしいのですが、領事館から何も通知が来ないので、今回も海の向こうから結果を見守ります。

中国では小泉さんあまり評判よくないですけど、他にいないですよね。小沢さんも最近あまり元気無いみたいだし。私は竹中さんの悲しそうな顔を見るのがつらいので、やっぱり自民党が勝って経済を上向きにしてもらいたいですね。これで円高、株高になれば言うことないのですけど。

あと楽しみなのは亀井静香とホリエモンの対決でしょうか。亀井さんは誰が見ても悪党顔ですけど、広島では圧勝でしょうね。役者が違います。

写真はこの前の東方航空の新型機材のシートです。レカロシートに何かと思ったら、コンセントが付いてて、空の上でも仕事しろって事ですか?

|

« 商社マン | トップページ | 珈琲庁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123813/5823400

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙:

» チャーチルを捨てた英国人 [PARDES]
イギリス人の政治感覚の優秀性は、世界的に定評があります。清教徒革命、名誉革命と自らの手で議会制民主主義を育て、その制度が世界各国の模範になっていることからも伺えます。そのバランス感覚は、到底日本人やアメリカ人などの及ぶところではありません。そのイギリス人の政治性を語る最も象徴的なものに、大宰相ウィンストン・チャーチルに対する信じがたい態度に如実に現れています。 チャーチルが戦時内閣を組織したのが1... [続きを読む]

受信: 2005年9月 7日 (水) 06時33分

» 皆さん読んだ方がいい「海外メディアが伝えた小泉・郵政解散劇の評判」 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 以下、重要な記事と判断し、また現下の緊迫化した政治情勢にかんがみ、全文転載しま [続きを読む]

受信: 2005年9月 7日 (水) 08時24分

» 郵政民郵政民営化とは本当は何なのか - 公社分割と株式売却の中身(なるほど、キーワードはホリエモンだ) [雑談日記(徒然なるままに、。)]
「世に倦む日日」より。http://critic.exblog.jp/33859 [続きを読む]

受信: 2005年9月 7日 (水) 08時24分

» 自民党が推すホリエモンについてのナルホド。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
ブログ「道化師のソネット」より Before「選挙にはほとんど行ったことがありま [続きを読む]

受信: 2005年9月 7日 (水) 08時25分

« 商社マン | トップページ | 珈琲庁 »