« 謝辞 | トップページ | 中秋の名月 »

2005年9月18日 (日)

メインバンク

P9160032

昨日の続きで、今日は香港での銀行口座開設について。法人登記も無事相成り、法人登記の手続きをお願いした会社の方と一緒に、今回会社のメーンバンクとなるHSBCへ。日本だと香港上海銀行などと言いますが、中国名はフイ豊銀行です。

前回、個人口座を既に作っているので、手続きも最初はいたって簡単、ほいほいと言われるままに受け答えをして、サインして、OKかな?っと思ったら、先方担当者から

「どのような事業内容ですか?」

「貿易業です」

「扱い商品は?」

「建築金物です」

「カタログとかありますか?」

もちろんカタログなどそもそも無いので、会社の購買代理の考え方、すなわち「右から左への貿易ではなく、お客さんの必要なものを調達する」ことを懇々と説明するのだが、全く理解してもらえず。しかたがないので、調度持っていたホームページの原稿を見せて、こういうものを、こういうふうにと再度懇々と説明。しかし、

「英語版はないのですか?一応決まりで上への報告資料が必要なので…」

「だったら先に言ってよ」

来週にはホームページの中国語版も完成するので、それを見てもらうこととなりました。

そもそも、香港の銀行でお金を借りるなんてできないので、私は銀行としては手数料が稼げて、ありがたがってくれるとばかり思ってたのですが。。。もしかしたら、香港は金融の自由度が高いために、逆に今はブラックマネーなどの問題で慎重になってるのかな?と勘ぐったりしてしまいます。

いづれにしてもアカウントができるのに1週間ぐらい。その後再度出向かなければならないとのことで、また香港にいかねばなりません。もちろん、日本でも法人口座など作ったことなど無いので、どちらが大変なのか違いはわかりませんが。。。

そう言えば上海の浦東にある昔の森ビル「森茂大厦」も、景気の悪かった2000年頃HSBCが買っちゃって今では「フイ豊大厦」ですよね。

|

« 謝辞 | トップページ | 中秋の名月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123813/5993117

この記事へのトラックバック一覧です: メインバンク:

« 謝辞 | トップページ | 中秋の名月 »