« 関羽 | トップページ | 選挙 »

2005年9月 6日 (火)

商社マン

P1010102

こちらに来てからよく見るようになった丸紅の水野さんのブログに「双日が総合商社的商業企業の認可を取った」との記事がでていました。浦島太郎状態の私には双日って???調べてみたらニチメンと日商岩井が合併した新会社の名前だったんですねー。水野さんが書かれていた通り、このことは中国では画期的だと思います。それも資本金100万ドルとは。今後外資でも簡単に商社の認可が降りれば、ますます日本企業の進出が加速しますね。

私も中国に来てから銀行の方や、商社の方とお付き合いする機会が増えたのですが、最初は「銀行マンはすごいなー」って感心していたんですけど、その後商社マンは「もっとすごい!」と実感しました。なにせ地方にっても、5元の輪タクを3元に値切るし、通りすがりのバイクの兄ちゃん無理やり止めて、金額交渉して駅まで送らせたりと。。。

彼ら曰く、日本の看板を背負って先陣として海外に出てきてる以上、商社マンがボラれたら後に続く日本人がみんなボラれると。そんな気概で奥地に行けば行くほど燃えるのだそうです。バイタリティー豊かな方々が多いですね。

|

« 関羽 | トップページ | 選挙 »

コメント

独資で商社が認可されたと言うことですよねぇ~~画期的ですよねぇ・・・・

水野さんの
「中国華南香港進出マニュアル」(日本貿易振興会)
「中国ビジネス・会計・税務用語集」(キョーハンブックス)
「中国ビジネス・投資Q&A 2004年改訂版」(キョーハンブックス)
は、読みました。。。。。

投稿: KazuYAFujiWarA | 2005年9月 7日 (水) 01時23分

これまでの保税区での苦労は何だったの!って感じですけど。。。
そう甘くはないと見ております。

投稿: MacMa | 2005年9月 7日 (水) 01時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123813/5808574

この記事へのトラックバック一覧です: 商社マン:

« 関羽 | トップページ | 選挙 »