« 東京戦利品 | トップページ | 久々やられました »

2005年10月19日 (水)

温州人@広州交易会

P1010159

久々に広州に行ってきました。目的は「広州交易会」です。広州は1年ぶり、交易会は多分3年ぶりぐらいです。相変わらずの盛況ぶりですね。正に中国展示会ビジネスの原点で今回で98目、年2回なのでもうすぐ50年?文革のころからやってたのかな?

今回、商売に関連した五金(金物)を中心に視察したのですが、こちらの展示は会場が市内から車で30分ぐらいの琵州というところで、広州駅前の古い展示場とは雲泥の差の立派な展示会場でした。来場者は欧米、中東のバイヤーが非常に目立ちましたね。内容が地味なのか日本人はほとんど見かけませんでした。

出展者と展示品で気になったのは、温州(※浙江省の南、みかんが有名)企業の躍進。もともと金物は広東省が産地として有名なのですが、温州の企業も自社ブランドでPRしてがんばっていました。品質もかなり向上しています。

一般的(中国の方の印象も含め)に温州の商品は、コピー品、安かろう、悪かろうのイメージが強く、私も工場が温州と聞くとカタログももらいません。実は彼らも充分そのことは認識していて、反骨精神からがんばっているだと思います。

ある1社の社長と話したのですが、彼は28歳で18で独立しすでに10年の社歴とか。物はまだまだですが、展示会に出展し、世界を相手に勝負する起業家としてのバイタリティーに感動します。

以前もこのブログで書きましたが、世界でユダヤ商人と双璧と言われるのは温州人で、非常に独立心が強く、たとえ靴磨きでも一国一城の主であること選ぶ人が多く、上海の路上で屋台を引いてる人は、ほとんどが温州人で上海人は絶対いません。

余談ですが今日ちょっとショックだったは、イスラム系の人に「おまえはイスラムか?」と声をかけられたこと。。。髭そろうかな。

|

« 東京戦利品 | トップページ | 久々やられました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123813/6466438

この記事へのトラックバック一覧です: 温州人@広州交易会:

« 東京戦利品 | トップページ | 久々やられました »