« クレヨンしんちゃん | トップページ | カレンダー »

2005年11月 1日 (火)

イメージできる?

051101

冬場、中国の東北地方に出張に行って熱いお茶を出されたことありませんか?それも使い捨てのコップで。ちなみに中国語で一次性杯子と言います。材質は紙又はPP(ポリプロピレン)。

問題はPP製です。よくもまあ、こんなに薄く作れるもんだ言うぐらい薄く。胴体はふにゃふにゃなので、上手にふちをつかんで飲まないとこぼれて火傷します。

もちろん華南地区も含め中国全土、紙コップだけでなく割り箸などのこれらの使い捨てアイテムは、オフィス、工場、食堂で一般的です。衛生面を考慮してのことだと思われます。

ところが最近、華南地区のコップの大きさが以前の3分の2ぐらいになってます。どこの店でも。例えると健康診断でバリウム飲む前に飲む、炭酸の容器ぐらいの大きさです。

一個自体のコストは知れてるんでしょうけど、月当たりにすると相当のコストダウンなのかな~。使い捨てだから大量に消費してるんでしょうけど、これじゃビール飲むのも大変です。

イメージできましたか?

|

« クレヨンしんちゃん | トップページ | カレンダー »

コメント

あの薄々のふにゃふにゃカップには相当やられましたねぇ~~何度となくこぼしてしまったことがあります。
カップが熔けてしまうのではってぐらい熱いですよねぇ・・・・

投稿: KazuYAFujiWarA | 2005年11月 2日 (水) 01時21分

ノギスで測ったら薄さ0.5㎜!でした。

投稿: MacMa | 2005年11月 2日 (水) 02時07分

あのフニャフニャカップ・・・確かにあっつい飲み物ではかなり危険度大ですよねぇ。紙コップも薄いような気がしますが。

投稿: Lucky Penny | 2005年11月 2日 (水) 20時11分

専用のホルダーなども売ってますよね。
そう言えばスターバックスは、中国でも2重の紙コップ。
「地球に厳しい」?サービスですね。

投稿: MacMa | 2005年11月 2日 (水) 21時56分

中国のビニール袋の薄さや、このコップの薄さはびっくりしますよね。ふちを持たないと持てないコップなんて、もろすぎです。
お茶の文化なんだから熱さに耐えられるヤツが欲しいところですよねぇ。

投稿: よしけい | 2005年11月 4日 (金) 00時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123813/6829517

この記事へのトラックバック一覧です: イメージできる?:

« クレヨンしんちゃん | トップページ | カレンダー »