« 老虎来了 | トップページ | P.F.ドラッガーを読む、そして考える »

2005年11月11日 (金)

深セン特区

051110

久々深セン特区に行ってきました。いつもは香港に行く時に素通りだったのですが、ついでにジャスコで買い物して帰ってきました。品揃えもなかなか充実してます。

懸案のコーヒーのフィルターがあったので迷わず5袋。40枚入り×5袋=200杯分。@10元なので良しとします。それから私のために用意したのではないかと、勘違いしてしまった「きつねどん兵衛」。特売で10元ちょっとだったのでついつい5個も。。。

平日ですが行ったのが夕方だったためか、かなり賑わっていました。ジャスコも上海は撤退してしまったので、華南では是非がんばってもらいたいものです。

深センも特区の中はすっかり垢抜けて、「ニューリッチなホワイトカラーの住む街」といった感じです。ちなみに深センのタクシーは特区・郊外両方通行できる赤色(たまにrゴールド)のものと、特区には入れない緑色のタクシーに分かれています。このところ赤いタクシーはマナーも良く、メーターの場合がほとんどです。

郊外の緑色のタクシーは初乗りが7元で、近場はメーターで行ってくれるの便利ですが、遠出だと交渉が必要です。最近はガソリンが高くなっており運ちゃんも強気です。

あと、深セン空港のタクシーは残念ながら100%ぼられます。行く先の相場を前もって確認し、ハードネゴする必要がありますのでご注意下さい。これも一興ということで。

|

« 老虎来了 | トップページ | P.F.ドラッガーを読む、そして考える »

コメント

深圳でもボラれるんですね。ま、交渉したら給料倍増になるんでしょうから、彼らも必死ですよね。
上海のボラれ確立の低さは、中国全体でも特別なのでしょうか。

投稿: よしけい | 2005年11月11日 (金) 23時06分

そうですね。深センのタクシーは市場原理が働いていて、運ちゃんも地元の人には値切られるので、どこかでボラないと採算が取れないのだと思います。

その点、上海は完全に買い手市場ですよね。道を良く知らない運ちゃんはいますけど、クレーム付けると「お金は要りません」とか。

負けてもらうことはあっても、ボラれたことはないですね。国際都市のプライドでしょうか。

投稿: MacMa | 2005年11月12日 (土) 01時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123813/7029710

この記事へのトラックバック一覧です: 深セン特区:

« 老虎来了 | トップページ | P.F.ドラッガーを読む、そして考える »