« 年の瀬 | トップページ | ○ブランドのマーケティング »

2005年11月26日 (土)

深セン地下鉄初体験

日本からのお客さんのアテンドのため、日帰り香港へ行ってきました。

先方の宿泊先のホテルが「リーガルカオルーンホテル」で、九廣鉄路(KCR)のホンハム駅に近いこともあり、久々羅湖経由です。自宅から羅湖までタクシーだと時間が読めないので、初めて深センの地下鉄を利用しました。

始発駅の「世界之窓」から終点「羅湖」まで、所要時間約30分、5元。切符がカードではなく、広州の地下鉄に似たプラスチックのコイン式。自動券売機で買う時にどこから出てくるのか分からず、後ろの人が教えてくれました。改札ではどこに入れるのかと思ったら、センサーにかざすだけでOKなんですね。中国も都市毎に異なるので、最初は戸惑います。
(急いでいて写真が取れませんでした。これじゃ参考になりませんね)

アテンドは日本でのネット販売向けポータブルDVDプレーヤーとかMP3、4などの商談。自分では使ったことがないので、その機能に新鮮な驚きでした。FMラジオとかボイスレコーダーが付いているんですね。買うかな。

051125

写真は中東シリーズ、第7弾:「ポルシェカレラ」です。これ、ドバイ空港でやっている宝くじの景品。一口500Dh(約1万5千円)、1000人に一人の確立で当ります。当選者には世界どこからでも、引取りの輸送費、往復のビジネスクラス航空券、無料ホテル宿泊券付きだそうです。(すごい当選確率)

|

« 年の瀬 | トップページ | ○ブランドのマーケティング »

コメント

確かに凄い確率のくじですねぇ~~本当に公正な方法で当たるのかしら。。。。ポルシェ・カレラ欲しいです。
100枚買えば、150万でカレラが。。。。手に入るかも。。。確率も1/10ですぜ。。。。。

投稿: KazuYAFujiWarA | 2005年11月27日 (日) 00時20分

そうなんです。他にもハーレー1口100Dh(3千円)なんてなのもありましたぜ兄貴。
私は免許が無いので止めました。。。

投稿: MacMa | 2005年11月27日 (日) 02時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123813/7320806

この記事へのトラックバック一覧です: 深セン地下鉄初体験:

« 年の瀬 | トップページ | ○ブランドのマーケティング »