« 2005年12月 | トップページ | 2007年7月 »

2006年1月 8日 (日)

休息その2

060107

引き続き、風邪。とりあえず、よく寝て、よく休むしかないかと。

全快にはもう一息、といった感じでしょうか。

心配して、励ましのメールなども頂き、恐縮です。

◆写真は上海茂名路のTOTOの広告。ケリー・チェン「陳慧淋」です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年1月 7日 (土)

休息

060106

ちょっと、風邪が、やばい感じです。昨晩から、パブロンゴールドを飲んでます。

今夜は久々に冷え込んできました。

「ひれ酒」が無性に飲みたくなりました。

◆写真は山の売店。正月の縁起物ですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 5日 (木)

咳・声・喉に金嗓子

060105

はやり、風邪をひいたみたいです。そこで、いつも風邪の時にお世話になっている「金嗓子喉片」です。英語名:Goiden Throat、カタカナだと“ジン・サン・ズ”。

初めて中国に来た頃、ほこりと、乾燥した空気のせいで喉の調子を悪くしました。最初はホールズ、中国名;「荷氏」を愛用していたのですが、ある時、中国人からこの「金嗓子」を勧められ、以来愛用しています。

こののど飴は、中国ではナショナルブランドで、どこに行っても売っています。もちろん、偽物も多いみたいで、よくパッケージのデザインをマイナーチェンジしています。でも、このおっさん顔は同じ。

一箱20個入り、@4元ぐらいです。

日本に輸出したら売れるかも?

※このところLuckyPennyさんのブログが見れません。今、seesaa.netが中国だと見れないとの噂もあり、そう言えば他のブログも見れません。何故でしょう?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

仕事はじめ

060104

正月の三が日もつつがなく、あっという間に過ぎ、日本的には今日から仕事始めです。一年の計画とかを、改めて立てようと思うのですが、どうもバシッ!といきません。

仕事としては年末から、かなり具体的な新戦略を練ってきたのですが、これをアクションプランにして、期限を決めて、書き出さないと、絵に描いた餅になってしまいます。もう一息ですね。

さて、今日会社設立準備でお世話になった、上海のI嬢から新年の御挨拶メールを頂き、何と!日経ウーマンが選ぶ、「ウーマンオブザイヤー2005」の一人に選出されたとのこと。おめでとうございます。

昨日から、ちょっと風邪気味なのが気になるので、今年は早寝、早起き、早ブログでいきたいと思います。

◆写真は昨日の続きで、山頂での一枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 3日 (火)

山登り@深セン

060103

元旦は深センでの初・初詣につづき、鳳凰山へ登ってきました。ご覧のように若者で賑わっておりました。実は正月の初詣は何処に行こうかと、いろいろ聞いたのですが、近所の人は全然関心がないのか、誰も知りません。

タクシーの運ちゃんも「わからない」とのことで、結局、白タクの兄ちゃんお勧めの鳳凰山に行った次第です。

でも、あまりの人の多さにびっくりです。1日は日曜日で、尚且つ天気も良かったので、多分、近所の工場のワーカーさんたちと思われる、若者集団&カップルがほとんどでした。ここは入場料などはなく、健康的なレジャースポットといった感じです。

ただ、残念なのは↓下の写真。060103-2

山頂の様子なのですが。。。

中国の若者は「地球に厳しいなぁ~」と思う、年の初めでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初詣@深セン

060102

毎年、中国で正月を迎えていますが、初詣に行ったのは今年が初めてです。お寺に行くことを中国語では拝神といいます。先ずお線香(@8元)を買って御参り開始です。

一応仏教なのですが、ちょっと日本と違うので、見よう見まねで3回お辞儀をし、線香をお供えしました。続いて本堂に入り御参り。これもお辞儀は3回。きちんとひざまずいて行うのが、正式みたいです。

最後はおみくじ。はじめにおみくじの入った容器をもらい、本殿で一心不乱に振り続けます。そうして中から出てきたくじを拾い、容器と共に返すと自分のおみくじがもらえます。おみくじ代(@20元)はこの時払います。

この自分のおみくじを、別室の占い師さんのところに持って行き、今年の運勢を教えてもらいます。私は商売について聞いたのですが、「普通語でお願いします」といっているにもかかわらず、全て広東語で説明され、全然わかりませんでした。

ご利益があるのを期待します。

その後、山頂を目指し登山ですが、こちらは、後程。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年1月 2日 (月)

新年好!

060101

2006年元旦。ということで、「照沼光治」先生のカレンダーも新しくなりました。

大晦日の昨日は、上海から帰宅したのがPM8:00で、それから大慌てで大掃除。年越しそばは結局、近所のラーメン屋で、既に新年を迎えておりました。

元旦の今日ぐらいは、日本的に過ごしたいなと思い、昼は近所のホテルの日本食屋でお寿司&そば+お屠蘇に日本酒を頂き、その後、初詣に「鳳凰山」に行って来ました。

「鳳凰山」は車で30分ぐらいのところにあるのですが、参道を約30分の登った中腹に「風岩古廟」というお寺あります。ここでお参りをして、そこからまた20分ぐらい登ると頂上です。なめてかかっていたら、結構タフな山でした。ちょうど鎌倉の大山みたいな感じです。

家内安全、商売繁盛などなど結構欲張りなお願いをしてきました。山が好きな私としては、天気も良く、非常に満足した初詣でした。(詳細は次回また)

今年も、よろしくお願いいたします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年1月 1日 (日)

明年見!

051231 2005年の大晦日は深センで迎えています。

上海からPM5:00のフライトで戻ってきました。

街の雰囲気が全く盛り上がっていないので、自分一人で、年越しを盛り上げるしかない感じです。

既に、現地23時を回ってしまいました。日本は2006年突入ですね。中国の残り一時間で、2005年を振り返ってみます。

1月:厄年を迎える

4月:退職を決意

6月:正式に退職

7月:上海から深センへ引越し&ブログ開始

9月:香港で会社設立

11月:台湾、ドバイ初訪問

気が付けば、今年は日本に6度も、帰っていました。

この一年の最も大きな変化は、サラリーマンを辞めて起業したことです。会社を辞めて感じたのは、人生の時間配分。仕事関係で人と接する時間、家族との時間、友人との時間、地域社会で過ごす時間、そして一人の時間。

2006年は事業としては勝負の年。どのように時間配分をしなければいけないのか、明日の元旦にじっくり、考えてみようと思います。

今日、上海で半年振りに安徽省出身の汪さんにあったのですが、新しい職場でがんばっていました。来年は英語の勉強にもチャレンジするとか。
で、別れ際のあいさつが「明年好!」「明年見!」

◆写真は皆様への年賀状。
今年一年の感謝と、来年がよい年であることを願いまして。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2007年7月 »