« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月28日 (日)

らーめん西海(なぜか食い倒れブログ)

071028

今回は食い倒れブログです。先週仕事で多摩に行く機会があり、京王聖蹟桜ヶ丘駅で訪れた「らーめん西海」というらーめん屋さんについて。

もう10年ぐらい前のことですが、三多摩地区(東京23区外の西東京地域)を営業エリアでまわっていた時期がありました。その時、たまたま出合ったのがこの「らーめん西海」です。別に雑誌の紹介記事を見たわけではなく、車で多摩センターのお店を通りかかった時に何となく「!」と来るものがあったのです。

“長崎の味”ということで最初はとんこつらーめんかと思ったのですが、アオサの入ったスープは「炭火焼きアゴだしスープ」という、とんこつベースとは少し違う、ちょっと懐かしい感じの味。麺もとんこつらーめん特有の臭みがなく、深みがあるのにこってりではないスープとよく合って、ついつい替え玉が欲しくなります。あと、お冷のかわりに出てくる「びわ茶(長崎の特産?)」がまたいいのです。

そして何よりもいいのが店の雰囲気。朝11時から当日分のスープがなくなるまでという営業時間のため、お店はいつも混んでいるのですが、ほとんどがおばちゃん(失礼か)の店員の方の接客がてきぱきしていて、有名らーめん店によくある驕った感じが全く無く、お客にストレスを感じさせません。やっぱり、活気のある店というのは客商売の鉄則ですね。

この「らーめん西海」に出会ってからというもの、お客さんとのアポイントも何とかお昼時にうまく合うようにスケジュールを組み、週に一度は食べに行ったものです。しかし、その後転勤になったため行く機会は無くなくなりました。そして、今度はとうとう海外、上海に駐在することになりすっかり遠い存在になっえしまいました。

話は変わりますが、海外に赴任して日本に一時帰国すると、まず成田に着いて缶コーヒーを飲み「日本に帰ってきたのだな」と実感します。そしてまず食べたいのが寿司。で、その次がらーめん。

確か中国に駐在して3年目の夏、日本に一時帰国した折、「西海らーめん」をどうしても「もう一度食べたい!」と思い、何年かぶりでわざわざ電車で1時間半かけて食べに行きました。かれこれ5年ぐらい前のことでしょうか、懐かしい味に感動したものです。最近の中国、特に上海などでは日本食屋さんも増え有名ならーめん店「一風堂」なども進出しているそうです。駐在員の方の生活も随分快適になったようですね。

さて、今回、聖蹟桜ヶ丘駅でたまたま見かけた「らーめん西海」のポスター。最初は半信半疑だったのですが、そのお店はやはりあの「らーめん西海」で、お店の方に聞くと本店の店長もお元気で現在は5店舗もあるのだとか。何か自分のことのように嬉しくなりました。

先日の「赤福」の事件ではありませんが、いくら老舗の有名店でも事業を拡大したり、世代が変わり創業の志を失ってしまった時にお店の信用は一夜にして無くなってしまいます。会社も同じではないでしょうか。

一杯のらーめんとの再開に、そんなことを考えさせられました。

0710282

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月24日 (水)

メードインジャパンのいい話

071024

画像提供:宇宙航空研究開発機構(JAXA)様

今回は日本、メードインジャパンのいい話です。本日かぐや応援キャンペーン事務局様から下記のメールを頂きました。転載してもよいものかどうか、と悩みましたが、いい話ですし少しでもPRのお役に立てばと思い、下記に全文転載します。

======
応援キャンペーン参加(申込)企業・団体 ご担当者様

日頃は、かぐや(SELENE)を応援いただき誠にありがとうございます。
さて、「かぐや」ですが、去る10月19日に所定の月観測軌道に投入
され、定常制御モードに移行されました。

皆様の応援のお蔭をもちまして、9月14日の打上げ成功より、JAXA
の人工衛星としては非常に長いクリティカルフェーズを終え、ようやく
月観測を行うための態勢が整いました。

科学担当教授の言葉を引用しますと
「オリンピックで言えば会場に来たところで、試合の準備をして臨む。
中国やインドのプレーヤー(探査衛星)がこれから来る」というフェーズ
になります。

今後、搭載機器の機能確認を12月中旬頃まで行い、定常観測に移行する
予定です。

応援いただいておりますことに感謝申し上げますとともに、今後とも
「かぐや」の応援のほど何卒よろしくお願いいたします。

かぐや応援キャンペーン事務局 

※クリティカルフェーズ:
打上げ段階から衛星分離、月周回軌道投入を経て、定常制御モードへ
移行し、初期機能確認の準備が整うまでの期間。

※定常制御モード:
月面観測のため三軸姿勢制御により周回する状態。観測機器を常に
月面に向けるモード。
======

クリティカルフェーズとか、定常制御モードとか、言葉がめちゃくちゃかっこいいですね。かつて宇宙を夢見る少年だった私にはたまらない響きです。で、この科学担当教授の「オリンピックで言えば会場に来たところで、試合の準備をして臨む。中国やインドのプレーヤー(探査衛星)がこれから来る」のお話。

実は今日、中国も月探査衛星「嫦娥一号」の打ち上げに成功したようです。打ち上げ時間は北京時間の6時5分とのことですので、多分順調にいっているのでしょう。中国はこのプロジェクトに14億元(日本円で約210億円)かけたらしいのですが、高いのか安いのか。私は中国政府にはもっと環境対策とかにお金を使ってもらいたいと願っているのですが…。

北京オリンピック、三峡ダムと同様に国家の威信を懸けたプロジェクトなのでしょうか。迎え撃つ日本の「かぐや」。果たして勝負はいかに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月21日 (日)

メードインチャイナについての良くない話

071021

先程、ちょっと試しにgoogleで「マルチティーポット」を検索してみました。当社は上から3番目に表示されるのですが、その一つ上に出ているサイトの内容に驚きました。

「耐熱性の低いガラス製ティーポットの破損に注意!」と題された今年の6月に「国民生活センター」が発表した資料が掲載されています(以下抜粋)。

======
熱湯で抽出する麦茶や緑茶、紅茶などを入れるときに使用するガラス製の食器、いわゆるガラス製ティーポットについて、「ティーポットを洗浄中に本体が割れて右手中指に怪我をした」という原因究明テストの依頼があった。
一方、国民生活センターのPIO-NET(全国消費生活情報ネットワーク・システム)には、「紅茶ポット」に関する相談が2002年度以降で27件注1)あり、そのうち、「ティーポットを初めて洗ったらガラスが割れ、手を怪我した」など手洗い中にガラスが割れた事例や、「ガラス製のポットに湯を注いでいる最中に底が割れて足に火傷を負った」などお湯を注いだ際にガラスが割れた事例が7件見られた。また、これらの購入価格を見ると数百円程度の安価なものが多かった。一般的にこのようなガラス製の食器が破損する理由としては、熱したガラスを冷水に浸すなど急激な温度変化を与えたことが考えられる。
そこで、100~300円程度の安価なガラス製ティーポットについて、ガラスの組成を調べるとともに耐熱性や表示などに問題がないか、また、実際に手洗いをしたときにガラスが破損することがないかどうか調べ、消費者に情報提供することとした。
======
http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20070606_2.pdf


検査の結果は、耐熱ガラスとうたわれていても耐熱性の劣る「ソーダガラス」が使用されているものがかなりあったそうです。原産地については書かれていませんが、販売価格から推測すると中国製も結構あったのではないでしょうか。ご興味のある方は上記リンクから全文をご覧ください。

このところ日本ではメードインチャイナ(中国語では“中国制造”)の商品は、アメリカでの玩具の問題、パナマのねり歯磨き、日本ではうなぎの蒲焼など非常に不信感が強まっているようです。実際、私が中国で調達の仕事をしていた時も、見るに耐えない工場や中国国内、欧米向けの低品質の製品をよく目にしました。ただ、一応日本向けの商品を作っている工場は一般的に管理はしっかりしていたのですが…。

私の経験からすると、中国で物を作る場合に先ず見なければいけないのが経営者の資質です。工場の最新設備やISOの認証を取っているからということだけを見て「いい工場だ」と判断すると結構痛い目に会います。いつまでたっても日本の要求レベルで物を作れなかったり、また、知らないうちに材料や下請け先を変更していたりと苦労が絶えません。

私は、今日本で起こっているメードインチャイナへの不信の原因は二つあると思いっています。一つは、輸入する日本側のモラルの低下。これは論外です。そしてもう一つは、安易なメードインチャイナへのシフト。確かに人件費の安い中国で、特に労働集約型の作業が不可欠な製造業においては、生産拠点としての中国は魅力です。しかし、日本の消費者の商品に対する要求レベルの高さを中国の経営者に理解してもらい、現場レベルにまで徹底させるのは簡単ではありません。

デフレが続く日本でコストアップをなかなか販売価格に転化できず、中国に活路を求めた結果、肝心の品質がおろそかになってしまったということではないでしょうか。もちろん、このことはメードインチャイナだけでなく、最近は日本においても言えることですね。


※写真はエントリには関係なく、引き続きマカオの風景です。




| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月13日 (土)

ご来場ありがとうございました

071013

「グルメ&ダイニングスタイルショー」が無事終了しました。期間中は当社のブースにも多くのご来場をいただき大変ありがとうございました。また、関係各位の皆さまへもこの場をおかりしてお礼申し上げます。

おかげさまで、多くの方に実際に「マルチティーポット」をお手にとっていただき、「面白い!」「どこで売っているの?」と大変好評でした(自画自賛ですいません)。今後は、一日でも早くお客様へ「マルチティーポット」をお届けできるように、お取扱店様の開拓に努めてまいります。

なお、今回の展示会は初回のプロモーションのため混雑、不手際などありました点、深くお詫び申し上げます。また、改善提案など貴重なご意見をいただきありがとうございました。今後の商品開発、改良に生かしていきたいと思っております。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 9日 (火)

グルメ&ダイニングスタイルショーが始まります

P1010032

既に、弊社のウェブサイトでは告知させていただいておりますが、明日10日から12日までの3日間、東京ビックサイトで「グルメ&ダイニングスタイルショー秋2007」が開催されます。弊社も今回はじめて出展します。本日はその設営に行ってきました。

この展示会は、販促マーケットの専門見本市「プレミアムインセンティブショー」、「インターナショナルホームファッションショー」と同時開催という中々盛りだくさんの展示会のようで、期間中配られる新聞に弊社の紹介記事も載せていただき、期待しています。

余談ですが、隣の展示場では「眼鏡の国際総合展」なるイベントも開催されるようで、10日は“メガネのベストドレッサー賞」の表彰式もおこなわれるとか。以下、今年の受賞者の方々。

●政界部門         
東国原 英夫 氏(宮崎県知事)   

●経済界部門
藤田 晋 氏((株)サイバーエージェント代表取締役社長))

●文化界部門
養老 孟司 氏(東京大学名誉教授)   

●スポーツ界部門
鈴木 亜久里 氏(ARTA プロデューサー・Super Aguri F1チームオーナー)

●芸能界部門   
眞鍋 かをり さん(タレント)   

●サングラス部門
竹中 直人 氏 (俳優・映画監督)      

●特別賞(今後メガネをかけて欲しい人)
森 泉 さん(モデル)

http://www.ioft.jp/event/index.html

ご本人が表彰式に参加されるのかどうかはわかりませんが、なかなかの顔ぶれですね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年10月 4日 (木)

かぐや応援キャンペーンに参加します!

071004

昨日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)から連絡があり、弊社も月周回衛星「かぐや(SELENE)」応援キャンペーンへ参加させていただけることとなりました。詳しくは下記、弊社ウェブサイトをご覧ください。

http://www.macmajapan.com/kaguya.html

すでに、報道でご存知の方も多いかと思いますが、「かぐや(SELENE)」とは、2007年9月14日10時31分01秒(日本時間)に種子島宇宙センターから打ち上げられた月探査衛星です。JAXAのウェブサイトによるとそのミッションは、

-------

月周回衛星「かぐや」は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が2007年9月14日10時31分01秒(日本時間)に打ち上げた月探査機です。この計画の主な目的は、月の起源と進化の解明のための科学データを取得することと、月周回軌道への投入や軌道姿勢制御技術の実証を行うことです。「かぐや」は高度約100kmの極・円軌道を周回する主衛星と、より高い楕円軌道を周回する2機の子衛星(リレー衛星・VRAD(ブイラド)衛星)から構成されます。これらの衛星には14種類のミッション機器が搭載され、アポロ計画以来最大規模の本格的な月の探査が行われます。

-------

とのことです。オフィシャルサイトはこちらから

http://www.selene.jaxa.jp/ja/index.htm

最近の日本は暗いニュースばかりで、子供たちに将来の夢とかロマンとかを語ることが少なくなった気がします。そんな中、この「かぐや」は久々に明るいニュースですね。私も少年時代は、学研の「科学・学習」の付録で天体望遠鏡を作り、宇宙のロマンに胸時めかせたものです。

余談ですが、ライブドアの元社長ホリエモンこと堀江貴文氏が「夢は宇宙旅行」と語っていたとか。その真偽は別として、私も「もし生きている間に宇宙旅行に行けるなら、全財産投げ打ってもいいかな」なんて思ったりして…。若田さんは次回で3度目の宇宙飛行とか。羨ましい限りです。

応援したいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 1日 (月)

茶葉 復活作戦

P1010030

少し前ですが、朝日新聞に「茶葉 復活作戦」と題して、京都のお茶の老舗、福寿園とサントリーが共同開発した「伊左衛門」についての記事が出ていました。その中で象徴的だったのは紹介されていた総務省の家計調査の数字です。

「各家庭の飲料支出に占める「茶葉」の割合は00年の14.2%から、05年には10.3%に低下。逆に、緑茶飲料は7.9%から11.1%に上昇している」とのことです。なるほど、ここ数年のペットボトル市場におけるお茶飲料の急拡大を物語っていますね。

私が以前調べた資料でも、ペットボトルの日本茶の05年の売上高は4,690億円、ここ10年の成長率は300%。方や緑茶(茶葉)の売上高は3,406億円、同マイナス8%です。

ちなみにウーロン茶はペットボトルが1,634億円、同マイナス27%。茶葉が117億円、同マイナス17%とかなり苦戦しています。

この朝日新聞の記事の最後、「視点」という欄に書かれていたことが、結構示唆に富んでいます。

-------
 人気テレビ番組「サザエさん」のだんらん風景に、急須で入れるお茶は欠かせない。日常茶飯事、お茶の間、茶だんす--そんな言葉からも、お茶が日本の生活文化に溶け込んだ存在であることがわかる。
 健康志向の高まりで、身体によいカテキンやテアニンを含む緑茶の人気は高い。低迷する茶葉も、売り方次第で勝機をつかむことはできるだろう。
 ペットボトルの手軽さに負けない「ゆっくり楽しむお茶の時間」の再構築。そんな取り組みがひろがることを期待したい。
-------

なにかブレークスルーが必要ですね。

さて、いよいよ10月。食欲の秋に向けてがんばりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »