« 4030ペーパーサイト@湊 | トップページ | interior lifestyle »

2008年6月 5日 (木)

おばあちゃんの原宿@巣鴨

0806051

先日、マーケティング調査と営業をかねて巣鴨に行ってきました。通称「おばあちゃんの原宿」と言われる巣鴨地蔵道商店街です。訪問したのは6月4日、平日なのですが写真のようにものすごい賑わいです。それもそのはず、毎月4のつく日は縁日で訪問させて頂いたお茶屋さんのお話では、いつもの数倍の賑わいだそうです。完全に圧倒されてしまいました。

もちろん、お目当ては“とげ抜き地蔵”でおなじみの萬頂山 高岩寺(ばんちょうざん こうがんじ)です。Wikipediaによると、とげ抜き地蔵の由来は、

江戸時代、武士の田付又四郎が、夢枕に立った地蔵観音のお告げにより地蔵尊の姿を描いた紙を川に流すと、妻の病が回復したことが御影の始まりであるとされる。毛利家の女中がを誤飲し、御影を飲み込んだ所、針を吐き出すことが出来たという逸話に由来する。

そこから他の病気の治癒改善にも利益があるとされ、現在に到るまでその利益を求めて高齢者を中心に参拝者が絶えない。

だそうです。そして、高岩寺のある巣鴨地蔵通商店街は、

高岩寺を中心とする巣鴨駅から都電荒川線庚申塚駅までの道路沿いに広がる商店街

元は中山道の一部だったが、幹線道路として巣鴨駅前を通る国道17号がバイパスとして設置されたことで、現在の道路行政としての名称は旧中仙道となっている。歩行者が多いこともあり巣鴨駅からの一方通行となっており、また時間により自動車の通行は制限されている。女性の高齢者が多く訪れることから、「おばあちゃんの原宿」と呼ばれる。

商店街は、寺院の門前での出店のほか、甘味処、食事処、和菓子屋、高齢者向けの洋品店、衣料品店など高齢者に対象を絞った店舗で構成がされている。参拝客にとっては、そこでの買い物や食事を楽しむことも、目的の1つなのである。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%B2%A9%E5%AF%BA

と解説されています。

0806052

0806053

私の見た限りでは、浅草のように団体旅行の観光客といった感じの方は皆無で、皆さん、気の会うお友達と連れ立ってお出かけといった雰囲気でした。しかし、「どこのお店」とか、「あの店の何」といった情報は、いったい何処から入手されるのでしょうか。多分、最先端の情報をお持ちのキーマンがいらっしゃるのでしょう。

なかなか侮れません。

|

« 4030ペーパーサイト@湊 | トップページ | interior lifestyle »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123813/41437608

この記事へのトラックバック一覧です: おばあちゃんの原宿@巣鴨:

« 4030ペーパーサイト@湊 | トップページ | interior lifestyle »