« 謝辞 | トップページ | H&Mの衝撃 »

2008年9月 7日 (日)

二科展@国立新美術館

0809063

この週末は二科展を見に六本木の国立新美術館に行ってきました。この美術館はちょうど六本木ヒルズとミッドタウンの中間にある感じで、東京の“新しいもの”探索にはなかなか面白いスポットです。実は知り合いの方が二科展に入賞されて、招待状をいただいたので、受賞作を見に行きがてら六本木を散策してきました。

久々の美術館でしたが、この二科展は油絵、ポスター画、彫刻、写真とカテゴリーがあり、どちらかというとモダンアートが中心。絵心が全くない私でも、やはり印象に残る絵というのは何か人を惹きつけるパワーがありますね。

今回、ベトナム友好30周年記念(?)とか何かでベトナムの方の作品も展示されていました。その中に日本人には無い感性を感じる、とても印象的な絵がありました。題名は忘れましたが、躍動感のある都市が描かれていて、つい足を止めて見入ってしまう、そんな作品です。

開催は今月15日まで。

0809072

0809064

ちなみに、この国立美術館、設計はあの故黒川記章氏です。昨年の都知事選立候補から間もなく逝去されてしまいましたが、建物のそこかしこに“こだわり”を感じる不思議な空間でした。

|

« 謝辞 | トップページ | H&Mの衝撃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123813/42410188

この記事へのトラックバック一覧です: 二科展@国立新美術館:

« 謝辞 | トップページ | H&Mの衝撃 »