« Lipton Tea House@銀座 | トップページ | 新丸ビル某社会議室から »

2008年11月27日 (木)

飲む生姜の力(チカラ)

081127

写真は先日ecute品川でプロモーションをしていた時に見つけた「飲む生姜の力(チカラ)」という商品です。265mlの容量の中に高知県産生しょうが59gとはちみつ、レモン果汁などが入っています。製造販売しているのはセゾンファクトリーという山形の会社で、百貨店などでテナント展開しているようです。

オフィシャルサイトはこちら

セゾンファクトリー
http://www.saisonfactory.co.jp/

私はクラブソーダで割って、ジンジャエールにして飲んでみました。濃厚な生姜の刺激が病みつきになりそうです。ジンジャエールといえばカナダドライが有名ですが、通はウィルキンソンだとか。

生姜の効能をちょっとウィキペディアから

ショウガの根茎は漢方薬として生姜(しょうきょう)と呼ばれ、発散作用、健胃作用、鎮吐作用があるとされる。発散作用は主に発汗により寒気を伴う風邪の初期症状の治療に使われ、健胃止嘔作用は胃腸の冷えなどによる胃腸機能低下などに使われることが多い。辛温の性質を持つため、中医学で言われる熱証には用いない。

大棗との組み合わせで他の生薬の副作用をやわらげる働きがあるとされ、多数の方剤に配合されている。

表面の皮を取り去り、蒸して乾燥させたものは乾姜(かんきょう)と呼ばれる。興奮作用、強壮作用、健胃作用があるとされる。生姜よりも熱性が強い辛熱の性質があるとされるので胃腸の冷えによる機能障害では乾姜を使う場合が多い。

日本薬局方においては、単に乾燥させた根茎を生姜(しょうきょう)、蒸してから乾燥させたものを乾姜と区別されている。なお、乾生姜(かんしょうきょう)とは、新鮮な生姜(鮮姜、せんきょう)に対して区別する言葉として使用されており、日本薬局方の「生姜」と同じものである。

また、生姜を加えた葛湯は、身体を温めて、免疫力を高めるため、風邪の民間療法によく用いられる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%82%AC

そう言えば上海蟹を食べた後にもよく生姜湯がでてきますね。

さて、11月も今週で終了、来週はいよいよ師走、忘年会、クリスマス、大晦日と慌ただしくなりますが、プロモーションのお知らせです。

●東急ハンズ渋谷店:店頭プロモーション
11月29日~30日(2日間):2Cキッチンコーナー

●東急ハンズ池袋店:店頭プロモーション
12月6日~7日(2日間):3Fキッチンコーナー

●東急ハンズ新宿店:店頭プロモーション
12月13日~14日(2日間):3Fキッチンコーナー

今回は、お買い得なギフトセットもご用意していますので、お歳暮やクリスマスプレゼントをお探しの方は是非お立ち寄りください。

|

« Lipton Tea House@銀座 | トップページ | 新丸ビル某社会議室から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123813/43240337

この記事へのトラックバック一覧です: 飲む生姜の力(チカラ):

« Lipton Tea House@銀座 | トップページ | 新丸ビル某社会議室から »