« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月27日 (火)

中国の特許(発明)のお話

1004271

中国では特許のことを『発明』、実用新案のことを『実用新型』といいます。3年前、私が日本で起業したのとほぼ同時期、中国で特許と実用新案の申請を行いました。この案件は既に日本で特許権を取得していて、中国でも権利化の可能性が非常に高いとの判断で現地の特許事務所に直接依頼していたものです。特許については昨年、晴れて権利化となり先日の出張の際に写真の特許証を受け取ってきました。

赤いのが特許証で緑色は実用新案です。内容は同じなのですが、中国で知的財産権を申請する際のテクニックとして、特許と実用新案を同時に申請し、特許権が確定するまでは実用新案で他社の模倣を防ぐというのが一般的です。もちろん、特許権が取れた時点で実用新案は放棄します。

特許証の中身はこんな感じです。

1004272

日本の特許証と違い冊子になっていて、以下申請した内容も一緒に綴じられています。ちなみに、私が中国で特許を申請した時は、東京都の中小企業助成事業を活用し、申請費用のうち50%を東京都に助成して頂きました。ただ、私の場合は日本の特許事務所を介さず、全て中国の特許事務所に直接依頼した為、通常50万円からともすれば100万円ぐらいかかるところが、10数万円だったため担当者の方も驚かれていました。

更に補足すると、中国では外国人、または外資企業が特許を申請する場合、政府指定の特許事務所を経由しないと申請できません。

企業として今後の中国市場性を考えると、中国での知的財産権の取得は非常に重要ですが、日本の特許事務所を経由した場合の費用の高さ、実際問題として権利が保護できるのかという観点から見ると結構悩ましいところです。数年前に日本の特許料も随分安くなったので、かえって中国の特許料の方が高いぐらいです。

早く、お茶の本場、中国人もびっくりするくらいの製品で中国市場に乗り込みたいのですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月26日 (月)

日本橋デビュー

100426_2

24日、25日と日本橋高島屋さんで『マルチティーポット』の店頭プロモーションをさせていただきました。当日は天気もよく、たくさんの方にお立ち寄りいただき、ありがとうございました。

一丁目の東急百貨店は随分前にコレド日本橋になりましたが、私のような年代で、なおかつ田舎から東京に出てきた者からからすると、日本橋の百貨店と言えばやはり、今でも憧れの場です。

今回プロモーションをさせて頂いたのが丁度エレベータ前で、エレベーターガールのお嬢さん達の仕草に、老舗の伝統をじみじみと感じました。仕草を見ているだけで、こちらまで何か幸せな気分になるから不思議です。

おかげさまで今回のプロモーションも大変好評で、弊社としても記録的な売上を達成することができました。この場をおかりしまして関係各位にお礼申し上げます。

さて、今週28日から30日の3日間は、もう一方の老舗、日本橋三越さんでプロモーションを行います。お近くの方は是非お立ち寄りください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月23日 (金)

ちょっといい話。マルチティーポット@ウェディング

100423_2

ちょっといい話です。先日、個人のお客様からお電話をいただき、こちらのお客様が来月ご結婚の予定で「マルチティーポットを引き出物として贈りたいのですが」とのご相談でした。お話を伺ったところ、既にご自身でお使いになられており、とても気に入っていただいているのだそうです。

弊社では個人の方から直接このようなご相談をいただくことは稀で、社員一同とても感激しております。お買上げいただいた商品に満足していただき、それを他の方に紹介してもらったり、大切な方にプレゼントしてもらえるということは、メーカーとしては非常に嬉しいことです。

実は、創業間もない頃、NHKの番組で紹介されたのをご覧になり、直接お買い求めいただいた方から、「お使い物にしたいから」と再度ご注文をいただいたことがあったのですが、この時ギフト用の包装をせずにそのまま送ってしまい、ものすごく怒られたことがありました。

そんな経験もあり、今回はお客様のリクエストにできる限りお応えさせていただきました。贈られた方にも喜んでいただけるのを願っています。

さて、ゴールデンウィークも間近です。また、5月は母の日もあります。連休中の3日から5日の3日間、溝口のマルイに新しくオープンした『ハンズビー』で母の日企画の店頭プロモーションを行いますので、お近くの方で母の日のプレゼントをお探しの方は是非お立ち寄りください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月22日 (木)

清烏龍@香港

1004221

先週、今年初めて香港、深セン、広州と出張してきました。今回は香港法人の決算、中国での特許申請、新商品の仕込みの打ち合わせ(こちらは追ってブログでも紹介していきます。自信作ですのでお楽しみに)など、結構ハードスケジュールで回ってきました。

丁度、東京でみぞれが降った時期で、4月だというのに香港や広州も激寒でした。

さて、写真は香港のセブンイレブンにあったウーロン茶の看板です。ここ数年中国では鉄観音系の色の濃いウーロン茶を『濃香(ノンシャン)』、凍頂烏龍系の色の薄いウーロン茶を『清香(チンシャン)』と呼ぶのが流行っているみたいですね。

日本人のイメージのウーロン茶は、圧倒的にサントリーのウーロン茶に代表される『濃香』系ですけど、台湾、香港、華南では、高級品のウーロン茶は『清香』系のウーロン茶が多いような気がします。さすが香港、ペットボトルのウーロン茶でも品揃えが豊富です。

1004222

ちなみに、この『清香』系のウーロン茶は香りが良く色は薄いのですが、実はカフェインが『濃香』系よりも強めなので、胃が丈夫でない方や朝の空腹時にはお勧めできません。午後お菓子や果物を食べながら、いわゆる飲茶の時に楽しんでください。

多分、日本でウーロン茶をペットボトルで売り出した時、『濃香』系をウーロン茶としたのは、日本の気候風土や食文化と関係があるのかもしれませんね。はたまた、飲み屋だと水割りの色に似ているから、サントリーさんが戦略的に選択したのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月20日 (火)

新茶初取引@静岡茶市場

100420

4月19日は静岡茶市場の新茶の初取引に参加しました。当日は朝5時から準備し、6時半からセレモニー、7時から新茶の初取引が行われました。式典には県知事はじめマスコミ各社も取材で訪れ大変な賑わいでした。今年は天候不良で生産者の方は大変ご苦労されたようですが、何とキロ10万円で落札された新茶もあったそうです。

我々は今年初めて参加させて頂き、お茶業界の皆様にマルチティーポットのプロモーションをさせて頂きました。この秋には静岡で『世界お茶祭り』も開催され、弊社も出展します。

いよいよ新茶が店頭に並びます。おいしい新茶をお楽しみください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月17日 (土)

OHASHI@中野

1004171

ある方のご紹介で、先日中野にある『OHASHI』さんお邪魔してきました。上の写真のお店ですが、実はお茶屋さんです。もともとは日本橋本町にお店があり、創業はなんと、1653年だそうです。

お店の中はこんな感じ。

1004172

どこか、ヨーロッパの田舎町を想わせる、そんな空間です。お茶のパッケージも凝っていて、OHASHIのロゴの周りにある模様は、よく見ると、実は急須がかたどってあったりするのです。

1004173

写真ではちょっとわかりませんね。店長やスタッフの方も皆さん気さくな方で、ころまでお茶にあまり馴染みのなかった方も、是非覗いてみてはいかがでしょうか。

お店のブログはこちら。
http://blog.ohashi-cha.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

アンフェアとイリーガル

100410

創業の際、会社としてのミッションを定めました。

“誠実であること。創造的であること。挑戦的であること。”この三つを経営理念として、世界各国のサプライヤーそして世界各国のお客さまと共に成長していく。それが私たちマックマー のミッションです。

このミッションを達成するために、たとえいかなる国であろうともコンプライアンスに則り、フェアーなビジネスをおこなってまいります。

というもので、もちろんこれは今も変わっていません。

しかし、企業とはさまざまなステークホルダー、お客様、お取引先、社員、株主に対して責任を持たなければならず、責任とは企業を存続させることに他なりません。幸いにして弊社はこれまでイリーガルなことはもちろん、アンフェアーなこともしたことはありません。

何故いきなりこんなことを書くのかと言うと、先日あるコンペティターとの間でアンフェアー(正確にはイリーガルな)係争に巻き込まれました。企業として事業を行う上で避けては通れない道ですが、残念でなりません。

気分をかえて、上の画像はマックマーカレンダー、照沼先生の4月の『桜夜』です。今年は桜がなかなか散りませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 6日 (火)

いよいよ新茶の季節です!プロモーションのお知らせ

100406

さて、静岡茶市場の新茶初取引が今月19日に行われることが決まりました。今年は初めて、弊社もプロモーションで参加させていただくことになりました。この静岡茶市場の新茶初取引とは、

 静岡茶市場(静岡市葵区)の新茶初取引が19日に開かれることが、2日決まった。昨年より1日早く、ほぼ平年並み。開会式には茶農家や茶商ら約800人が出席し、川勝平太知事や小嶋善吉静岡市長らも駆けつけ、新茶シーズンの到来を告げる。

 増井良夫社長らのあいさつの後、三本締めをして、今季の活発な商いに弾みをつける。県茶手もみ保存会員による手もみ茶の実演やJAの特産品販売もあり、雰囲気を盛り上げる。初取引日は県内各地で新茶の摘み取りが始まるころを見越して決めている。
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20100403/CK2010040302000151.html?ref=rank

というものです。

また、八十八夜の5月2日には、京都宇治市で行われる『宇治新茶八十八夜茶摘の集い』のイベントにも参加します。こちらは一般の方向けのイベントですのでお近くの方は是非足をお運びください。上のパンフレットのPDF版は下記。
http://www.ujicha.or.jp/event/img/22-88/tirashi.pdf

また、今月は都心でもプロモーションを行います。

●高島屋日本橋店:店頭プロモーション
4月24日・25日(2日間):7F洋食器コーナー

●三越日本橋店:店頭プロモーション
4月28日~30日(3日間):5Fリビングステージ

マルチティーポットでおいしいお茶をおいれしますので、是非お立ち寄りください。

いよいよ新茶の季節、あっという間に暖かくなりそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 2日 (金)

ハントコカフェ@新富町界隈

100402_2

久々、新富町のハントコカフェさんで食事をしてきました。こちらのお店はオープンしてもうどれくらいだろうと、店長に伺ったところ、9ヶ月だとか。時の経つのは早いものです。

この場所にはかつて塗料屋さんがあり、私も何度か買い物をしたことがありました。ある日サンドペーパーを買いに行ったら、店内ががらんとしていて聞けば間もなく店じまいとのこと。当時私は新商品のモデルの製作をしていて、思い入れもあったのでその後にできたこのお店は非常に気になっていたのです。

お店のコンセプトは“すっきりお酢、ほっこり日本茶、夜はちびちびおばんざい”。店名の由来も店長の地元愛知県知多半島、ミツカンのお酢で有名な半田市と、急須の産地常滑市から。カフェなのに何故かメニューにコーヒーが無い、店長のほんわかした人柄が相まったちょっと不思議な空間です。

お店のオフィシャルサイトはこちら
http://blog.hantoco.jp/

ついでながら、今日はたまたまお隣になった近所の青森県のアンテナショップの方と盛り上がってしまいました。こちらも次回探索しよようと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »