« 奈良→京都、プロモーションの旅 | トップページ | 北京が五輪なら上海は万博、そして広州はアジア大会 »

2010年5月12日 (水)

久々に中国の話など(地下鉄事情)

100509

上海万博が開幕し、何かと中国の話題を目にすることが多い今日この頃です。で、テレビなどで必ず話題になるのが中国人のマナーがどうこうと言う話題です。このことはずーと以前から言われ続けている話題で、私はもういい加減うんざりな話題ですが、中国を面白おかしく紹介する枕詞みたいなものですから、改めて取り上げます。

写真は前回深センに行った時に撮った写真。地下鉄のホームにでかでかと掲げられている乗車マナーの掲示マンガです。要は「降りる人が先、その後かから乗車しましょう」というもの。ここまでやらなくてもと思うのですが…。

実は、現在中国出張中で広州にいます。既に気温は30度近く、街は半袖の人ばかりです。先月来た時の寒さが嘘のようです。聞くところでは、先週は大雨で華南地区で数万台の車が浸水により被害を受けたとか。何処も異常気象のようですね。

|

« 奈良→京都、プロモーションの旅 | トップページ | 北京が五輪なら上海は万博、そして広州はアジア大会 »

コメント

三上さん 週末寿司アカデミーという寿司職人養成学校の説明会に行ってきました。その際、先生より、中国は今大の日本食ブームで、富裕層中心に寿司がかなり流行っていると聞きましたがほんとうでしょうか。ケータリングの寿司ビジネスなら間違いなくブレイクするとのこと、どう思います?村越

投稿: ムラさん | 2010年5月16日 (日) 20時40分

ムラさん。コメントありがとうございます。
何故に寿司職人養成学校?か興味津々ですが、それは次回お会いした時に教えてください。
さて、中国の寿司事情。日本食、中でも寿司は以前から人気がありますね。10年前ぐらいには回転寿司ブームもありました。食材を調理するところが目の前で見れるというのがいいのでしょうね。鉄板焼きなども高級料理として人気です。
ケータリングは、中国の消費者は鮮度をとても重視するので、そこをどうクリアーするのかが鍵かもしれません。

投稿: MacMa | 2010年5月17日 (月) 02時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123813/48318312

この記事へのトラックバック一覧です: 久々に中国の話など(地下鉄事情):

« 奈良→京都、プロモーションの旅 | トップページ | 北京が五輪なら上海は万博、そして広州はアジア大会 »