« 北京が五輪なら上海は万博、そして広州はアジア大会 | トップページ | カウントダウン『カフェプッシュ』その1 »

2010年6月18日 (金)

人づくりの現場@慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス

1006171

今月は新商品の立ち上げでほとんど中国で、ブログの更新も気がついたら1ヵ月ぶりになっていました。1週間ほどの東京ですが、写真は慶應義塾大学湘南キャンパスです。実は、今日、環境情報学部の創造実践科目、意匠設計という講義に参加してきたのです。

どうして私のようなものがこのような大学の講義に参加したのかというと、講義は今回が第10回目で、今後は今まで学んできたことに基づいて生徒の皆さんが各自、商品のプロトタイプをつくっていくというスケジュール。

そして、今日講師の先生から学生の皆さんに出されたテーマが、何と、『お茶用のプロダクト提案』というものだったのです。そこで、私から

・お茶の種類と特徴、入れかたの違いや使われる茶器などについて

・お茶の市場動向

・お茶の飲み方の変化

・市場ターゲット

・お茶を飲むためのいろいろな製品の紹介

なんてことをお話しさせていただき、学生の皆さんに実際に弊社のマルチティーポットを使ってお茶を入れて飲んでもらった後、講師の先生も交えてディスカッションさせていただきました。

学生の皆さんにも我々と同じように作り手の立場になって、これまでにない機能と意匠をもりこんだ商品を考えてもらおうというのが主旨です。

お茶業界業に関わるものからすると、課題の背景にはペットボトル飲料が急拡大する一方、リーフ(茶葉)市場は年々縮小傾向で、それに歯止めがかからないという現実があります。講義の合間に

「今日の朝から講義までにペットボトル以外のお茶を飲んだ人?」

という質問をしたら、38人中4人だけ。その4人に

「自分でお茶を入れて飲んだ人?」

という質問をしたら、2人だけでした。現実を目の当たりにするとちょっとショックでしたが、若い世代の学生さんからどんな面白いアイデアや斬新なデザインのものがでてくるのか楽しみでもあります。

今日は何年ぶりかのキャンパスでしたが、同じテーマで学生の皆さんとディスカッションさせて頂き、私自身が勉強させられることも多く、非常に有意義な一日でした。ものづくりの現場も面白いのですが、その前の人づくりの現場ももっと面白いなと、実感させらられました。

講師の先生、学生の皆さん、この場をおかりしてお礼申し上げます。

|

« 北京が五輪なら上海は万博、そして広州はアジア大会 | トップページ | カウントダウン『カフェプッシュ』その1 »

コメント

忙しそうやねぇ~~

投稿: KazuYAFujiWarA | 2010年6月21日 (月) 23時30分

@中国です。
回線の調子が悪く、なかなか更新できません…。
そちらは、無事リリースの様子。
おめでとうございます。

投稿: MacMa | 2010年6月23日 (水) 10時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123813/48657754

この記事へのトラックバック一覧です: 人づくりの現場@慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス:

« 北京が五輪なら上海は万博、そして広州はアジア大会 | トップページ | カウントダウン『カフェプッシュ』その1 »