« 東京MC移転&10月のプロモーションのお知らせ | トップページ | 世界お茶まつり2010に出展します »

2010年10月 4日 (月)

久々に中国のことなど

101004

あまり政治的なことは書かないようにしているのですが、このところの日本と中国との尖閣諸島の問題について、少しだけ。上の写真はこの問題と直接の関係はありません。中国某大都市の公園で行われていた軍事教練のスナップです。ご覧のように中国では市民の日常に軍隊が違和感なく存在しています。

中国において、台湾、チベット、ウイグルなど、こと領土問題に関しては中国政府のみならず、国民の大多数が強硬姿勢です。目指すところは、政治、経済、軍事すべての面で強国となること。そのモチベーションが現在の中国の発展の原動力と言っていいでしょう。

このことを理解している日本人があまりにも少ないような気がします。マスコミ然り。実は、先日店頭プロモーモーションの際、一人のお客様が弊社の商品が中国製であることを理由に、購買するのを止められました。聞くと「中国製品不買中」なのだそうです。

私はある意味この方に賛成です。商売としては困るのですが、本当に信頼関係を築くのであれば時には毅然とした対応も必要です。その意味で今回の日本政府の対応は、日本にとっても中国にとっても後味が悪く残念でなりません。表向き問題が解決したとしても市民レベルの不信感は双方強まったのではないでしょうか。

実は、中国で小泉さん評価が高い(一目置かれている)のは、そのためかもしれません。

|

« 東京MC移転&10月のプロモーションのお知らせ | トップページ | 世界お茶まつり2010に出展します »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123813/49651203

この記事へのトラックバック一覧です: 久々に中国のことなど:

« 東京MC移転&10月のプロモーションのお知らせ | トップページ | 世界お茶まつり2010に出展します »