2011年4月18日 (月)

2010年広州市国民経済と社会発展統計広報から

110418

先日中国に行った際、広州市の新聞に載っていた数字です。

2010年都市農村住民家庭、100戸当たりの平均耐久消費財所有量
(括弧は前年比増減%)

●都市
カラーテレビ:148台(-)
エアコン:261台(8.3)
冷蔵庫:103台(-)
カメラ:102台(2.0)
携帯電話:253台(0.4)
パソコン:125台(0.8)
自家用車:21台(10.5)
ステレオ:70台(-4.1)
洗濯機:101台(-)

●農村
カラーテレビ:135台(3.4)
エアコン:129台(22.6)
冷蔵庫:95台(8.5)
カメラ:38台(26.3)
バイク:110台(-6.5)
携帯電話:262台(7.9)
パソコン:71台(21.0)
温水器:104台(7.7)
固定電話:98台(4.3)

この数字は広州市で調査した数字のようですが、結構驚きの数字です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

久々に中国のことなど

101004

あまり政治的なことは書かないようにしているのですが、このところの日本と中国との尖閣諸島の問題について、少しだけ。上の写真はこの問題と直接の関係はありません。中国某大都市の公園で行われていた軍事教練のスナップです。ご覧のように中国では市民の日常に軍隊が違和感なく存在しています。

中国において、台湾、チベット、ウイグルなど、こと領土問題に関しては中国政府のみならず、国民の大多数が強硬姿勢です。目指すところは、政治、経済、軍事すべての面で強国となること。そのモチベーションが現在の中国の発展の原動力と言っていいでしょう。

このことを理解している日本人があまりにも少ないような気がします。マスコミ然り。実は、先日店頭プロモーモーションの際、一人のお客様が弊社の商品が中国製であることを理由に、購買するのを止められました。聞くと「中国製品不買中」なのだそうです。

私はある意味この方に賛成です。商売としては困るのですが、本当に信頼関係を築くのであれば時には毅然とした対応も必要です。その意味で今回の日本政府の対応は、日本にとっても中国にとっても後味が悪く残念でなりません。表向き問題が解決したとしても市民レベルの不信感は双方強まったのではないでしょうか。

実は、中国で小泉さん評価が高い(一目置かれている)のは、そのためかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月28日 (水)

集金はお済ですか?

051227

中国ビジネスでの心配の種が、「売掛金の回収」「模造品対策」。今日は、年末ということで、売掛金の回収についてのお話。

結論から先に言うと、中国での売掛金の回収は大変です。未回収の問題を回避するためには、

①中国で売らない(商売しない)

②前金もしくは現金引換えでの取引しかしない

③営業マンの成績を回収金額で評価する

④お客からお金がもらえない場合は、仕入先にも払わない

となるのですが、①は別として、商品の競争力があれば②がベストなのですが、なかなか競争が厳しくそうもいきません。そこで、普通の場合は③となるわけですが、販売以上にタフな営業交渉になる場合が少なくありません。

なぜかというと、④の考え方の会社がまだまだ多いためです。外資系の会社であっても、なかには「いかに支払いを遅らせることができるか」で、経理担当者の能力を評価したりします。

私は、今の中国の右肩上がりの経済状態は、倒産で回収不能になる可能性は少なく、しつこく催促すれば、大体回収できると思います。ただ、もし、経済が下向きになると。。。怖いですね。

今年の借金、今年のうちに。

※明日は久々上海です!集金ではなく忘年会。

◆写真は先週の東京・神田での一枚

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年11月29日 (火)

株と円

051128

このところ、気になる日本経済の動きが、株と円。
日経平均は今日も上がって、1万5千円の大台もあとわずか。日本経済の復活を感じさせます。もう一方の円はどんどん下がってこちらは、1ドル120円にも達する勢いで下げてます。

私の会社は香港に本社があるため、資本金は香港ドル、基本的に日本との決済も香港ドルです。香港ドルは人民元同様に、実質ドルとペッグしていて、円安の影響はドル建て(香港ドル)で価格を決めている場合は、短期的には日本のお客さんのコストアップとなるのですが、中長期的には中国調達の価格競争力が低下し、日本からは一層のコストダウンを要求されることになります。

一時話題になった元の切り上げよりも、実際中国と日本の関係で見ると、この数ヶ月間の円安はドルに対して円が10%近く下げており、こちらの方がずっとインパクトが大きいのです。

私にとっては日本の株高、円高が一番良いのですが、なかなかうまくいきませんね。いかに、リスクヘッジするか、頭の痛いところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月17日 (月)

ホリエモン氏

P1010134

今回日本帰国時に、本を買い込みました。文庫本は歴史物など含め12冊、ハードカバーが5冊、雑誌は今回は少なめ。半分は宿泊先のホテルの近所の本屋でじっくり選び、もう半分は成田第一ターミナル内(かなり充実した本屋さんでした)で衝動買い。

今日は昼まで暴睡後、この中でホリエモンこと堀江貴文氏の「100億稼ぐ仕事術」と言うのを読んだのですが、期待以上に面白く色々と感心させられました。

断片的な情報を基にした、それまでの私の彼についての印象は、ネット系の若者に人気があるが、中高年サラリーマン、主婦にはあまり好感を持たれないIT成金といったところでしょうか。

IT系の企業家は昔はソフトバンクの孫さん、最近は楽天の三木谷さん(実は私と同い年)、堀江氏と、世間一般には皆さんビジネス界での評価は決して高くなかった気がするのですが、ここ数年でかなり変わってきた気がします。

私が個人でパソコン買ったのはウィンドウズ95が出たころ、そのころからインターネットが普及し始めましたが、メールを使ってる人は個人、会社ともまだまだ少数で、その後携帯が普及してからは、ずっと中国なので日本の現状には驚きです。

やはり、パソコンだけでなく、携帯を使ってネットに繋がることで生活も、仕事の仕方も大きく変わったんだと思います。そこにはビジネスチャンスがある訳で、アイデアだけでなく行動力とスピードが重要だと、この本を読んで思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年10月 2日 (日)

黄金週間

P1010077

今日から国慶節休暇が始まり、どこに行っても多くの人で賑わってました。今年は建国56周年ですが、私が始めて国慶節を中国で迎えたのは1999年の50周年の時でした。

それまでは国慶節といえども、1日しか休みが無かったのですが、50周年の国慶節は特別ということで7連休になりました。しかもこの時は、いきなり、2週間ぐらい前に政府が日程を発表し、みんな「えっ?」ってびっくりしてました。

しかし、この国慶節の連休の間、消費が非常に拡大したため、当初連休には否定的だった政府も、経済効果が大きいと判断し、その後の労働節、国慶節を連休にすることに決めたとか。

製造業中心の経済からサービス業隆盛への転換期だったのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月12日 (月)

選挙と9・11

P9110005 

選挙、どうやら自民党の圧勝の様子ですね。先程まで近所のホテルにある日本食屋で、NHKの英語版放送を見てました(コメントが日本語で聞けないのが残念)。期待通りの結果にほっとしました。注目の広島6区はやはり亀井静香!さてこの戦いで得をした人、損をした人を考えるに、一番得したのは、やはり小泉さんですかね。

一般的には悪党役の政治家代表が亀井静香。しかし、広島6区以外の人はどうしようもない。小泉さんも本当はあきらめていた所にホリエモンが出馬。多分ホリエモン自身も本気で当選しようなんて思っていない。ところが結果的には広島6区以外でも、ホリエモンを支持する若者が少なからず、自分の選挙区で自民党候補に投票した?

次がホリエモンですか。彼からすると新球団オーナー立候補、ニッポン放送株買占め時同様に知名度アップ。ライブドアの認知度がさらにアップし、ポータルサイトとして集客が高まる。よって広告料も高くできると。

亀井静香もホリエモンの出馬で、陣営の危機感が高まり、結束が強まって、もちろん当選したので、損してませんよね。

一番損したのは岡田さんですか。本当は民主党にもっとがんばってもらいたいのですけど。。。

ということで、月曜日から株も、円も上がって日本経済が上向くのを期待します。

長くなりますが、今日は9・11そう、4年前です。4年前の同じ日に先程食事をした、同じホテルに泊まっていたことを思い出したので、書き加えます。

はじめは何だろうと思ってテレビを見ていたら、すごいことになってて。。。結構衝撃を受け、翌朝知り合いの中国人のみんなが「アメリカざまを見ろ!」って喜んでるのにまたショックを受けて。国の立場が違うと物事の見方がぜんぜん違うんだなって、実感したのを覚えています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月 3日 (土)

抗日

P1010140

今日は暑くて、上海の反動からか、低調でどうもやる気がしません。そこで、またまた重い話を。

先日近所の足つぼに行ったのですが、2回目なのにまた同じ子で、前回同様国籍不明の外国人を装って和気あいあいと気持ちよくマッサージしていたところまではよかったのですが。。。そこからが、悪かった。

たまたま見ていたCCTVの10CHで「抗日」の記念番組をやっていて、最初は興味本位で見ていたのですが、内容がすごすぎます。特に日本人には。女の子も最初は「こわいねー」なんて言ってたのですが、だんだん会話がなくなり、気まずーい雰囲気で。なぜか重い足取りで帰えることになってました。

次回からは娯楽番組にします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月22日 (月)

重い話

   

P1010078

やっと雨が上がったみたいです。今日はちょっと重いお話を。。。

最近小泉さんの靖国参拝問題とかで、日中間の関係がぎくしゃくしているなんて日本の新聞・ニュースなどでも取り上げられてましたが、中国では先の8月15日、抗日戦争勝利60周年にあたり例年にも増してマスコミで大キャンペーンをやってました。

そこで、久々に城山三郎の「落日燃ゆ」を読み直してみました。東京裁判でA級戦犯として文官でただ一人処刑された広田弘毅の生涯を綴った本ですが、自分の信念を貫き通し、言い訳はせず、そして責任を負って処刑されていった。。。私は彼の生き方、死に方に共感します。

しかし、結果として今の中国では彼のことが「人民日報」でも東京裁判の判決どおりに伝えれれています。違和感を覚えるのですが、国の仕組みが異なる以上、中国でこのように伝えれ、また子供たちに教えられるのはしょうがないと思います。

だからこそ、中国に身をおいて仕事をするものとして、日本人としての“誇り”と“志”を忘れてはならないと思いを新たにした今日この頃です。

熱き大地に熱き心で!

で、明日からはお仕事モードでがんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 7日 (日)

税金

P1010045

今日は税金の話を少し。昨日届いた日本からの書類の中に上海税務局からの封筒が入ってました。開けてみると昨年中国で収めた税金の明細です。下のところに「祖国の繁栄と隆盛に貢献いただき感謝します」なんて書いてあります。サラリーマンで中国駐在6年間はいっぱい?収めてましたからたから。こう感謝されるとうれしいですね。

そこで、駐在員の裏技を一つ。空港の免税店で買い物すると関税、VAT(消費税)はかかりませんね。また旅行通の方でヨーロッパなどで買い物をし、お店でもらった書類を空港で申請して税金を返してもらったなんて方いらっしゃいますよね。ところがこれ、日本でも出来るってご存知でした?秋葉原のほとんどの家電専門店は「DUTY FREE」消費税抜きで買い物できます。手続きの書類はパスポートさえ持ってけばお店の人が全部書いてくれます。あとは出国時に成田で手荷物検査のあと税関のカウンターに出せばOKです。商品の確認がたまにあるらしいので必ず手荷物で持参してください。期間は確か2週間以内に出国すればOKだったと思います。(出し忘れたら後でお店から請求が来ます)ちなみに私のLet’s noteはじめデジカメなどは全て消費税抜きです。ソフトもOKです。脱税じゃなく節税ですので夏休み日本に帰国予定の方、海外出張予定の方是非お試しを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)